コラーゲンは飲んでも意味が無いの?

一時、コラーゲンは経口摂取しても無意味だ!という話がありました。
その理由は、コラーゲンが消化器系を通る過程ですべてアミノ酸に分解されるので、タンパク質をとるのと同じ!っていう理屈でした。

プラシーボとか、プラセボって言う言葉聞いたこと有りますか?プラシーボ(プラセボ)とは偽薬のことで、薬の様な働きは無いのに働きがあると思い込んで飲むことで、本当に違いがでる現象をいいます。コラーゲンを飲んでハリが出たなんでいうのはプラセボだ!なんて言われていたんですよ。

でも、これは間違いで、ドリンクやサプリでコラーゲンの口からの摂取に意味があることが、様々な研究により判ってきています。

コラーゲン

マウスやラットなどでの研究では明らかに有意差のあるデーターがとれています。
人間については、まだ完全に証明されたとまでは言えないようですが、違いを示唆する論文が発表されています。
コラーゲンの摂取が違いをもたらすメカニズムは解明されていませんが、下記のような説が有力です。

コラーゲンを作る材料が不足なく揃うので、コラーゲンが合成されやすくなる。

ダイエットなどで体のコラーゲン不足し、より重要な部分にコラーゲンを供給するために、生命にとって重要でない皮膚などのコラーゲン分解が起こる。コラーゲンを摂取することによって、この分解を防止できる。

コラーゲンが体の中に入って全てがアミノ酸まで分解されることはなく、一部はコラーゲンペプチドの形で取り込まれるので、体に直接コラーゲンペプチドが吸収される。

コラーゲンペプチドの形で吸収されると、脳は、組織のコラーゲンが分解されたものと勘違いし、コラーゲンの合成を促進するよう指示をだす。

以上のような理由から、コラーゲンの経口摂取は意味があると言えると思います。

コラーゲンをドリンクやサプリでとることは合理的

なるべく自然の食品でコラーゲンをとれれば、それが一番なのですが、コラーゲンを含む食品は、肉類などどれも高カロリーです。

野菜中心の食生活も良いのですが、どうしてもタンパク質と、タンパク質の中でも綺麗なお肌を作るのに重要なコラーゲンが不足してしまいます。
ダイエットで美しくなるつもりが、コラーゲン不足でお肌がダメージを受けていることもあるんですね。

だから、コラーゲンをドリンクやサプリで摂るのは、とっても重要で、合理的なやり方なのです。

美容にはもちろん、体の全ての部分に重要なコラーゲンですから、毎日しっかりとって、まずは体の健康を維持することが大切です。

コメント