アスタリフト ドリンクの成分と働きは?

アスタリフトドリンクピュアコラーゲン10000にはコラーゲンの他にもオルニチンやセラミドなどの成分が含まれています。

それぞれの成分について詳しく見ていきましょう。

ピュアコラーゲン

アスタリフトの成分はまず低分子のピュアコラーゲンです。

このコラーゲンの特徴についてはこちらにも詳しく書きましたのでご覧ください!
アスタリフトドリンクのピュア(低分子マリン)コラーゲンとは?

オルニチン

オルニチンは、タンパク質の一種で、遊離アミノ酸と言われるものです。

新陳代謝を促進し、解毒作用を助ける働きがあります。

自然の食品では、しじみえのき茸などに多く含まれていますが、多く含まれる食品はそれほど多くありません。

アスタリフトには、なんと、しじみ1,100ヶ分のオルニチンが含まれています。
しじみ

オルニチンがコラーゲンを働きを助けることで、アスタリフトの低分子ピュアコラーゲンの働きを更に高めているんですね。

セラミド

セラミドについてはうるおい成分として広く使われている成分です。

肌の表皮の角質層に細胞と細胞の間を埋める細胞間脂質の中に50%程度の量が元々存在しているものです。

ターンオーバー

表皮はだいたい28日周期で生まれ変わりますが、このターンオーバーの過程でセラミドは生み出されます。大きく分けてセラミドの役割は下記の3つがあります。

1.角質層の細胞をつなぎとめる
2.角質層の水分を保持する
3.ターンオーバーの情報伝達

角質層は外部の異物や紫外線などからお肌を保護するバリアの役割があります。

セラミドは水分と結合する親水基をもった脂質なので、水分を保持することができます。

セラミドが不足するとまず水分が失われ、角質層の細胞を保持できなくなります。するとバリア機能が低下するため、バリアに穴が開いたような状態になり、外部からの刺激に耐えられなくなってしまうわけです。

3つ目のターンオーバーの情報伝達というのは、難しいのですが皮膚の生まれ変わりを脳に伝える機能があるということです。不足すると大きなトラブルにつながるようです。

以上のようにセラミドはお肌の保湿に重要な役割をもっています。

外から塗っても浸透する角質層で作用するので、化粧品の成分としても多用されています。

経口摂取の場合は体の内面から体の基礎的な保湿能力を高める働きがあると言われています。

ビタミンC

ビタミンC
ビタミンCは、美容には欠かせない成分ですよね。アスタリフトドリンクには、ビタミンCが、250mg含まれています。

ビタミンCは、コラーゲンの合成にも欠かせない成分です。ビタミンCが不足するとしっかりとしたハリのあるコラーゲンが作れなくなってしまうのです。

コラーゲンと一緒にとることで、摂取したコラーゲンをしっかり活用することができます。

その他、美白や抗酸化の働きなどもあります。

紫外線によって、お肌のコラーゲンが破壊されるのを防ぐ働きもあります。

アスタリフトドリンクコラーゲン10000の成分まとめ

アスタリフトの場合は、あくまでコラーゲンの働きを高めるために加えられた成分なんです。

コラーゲンと別々に摂取しても良い成分は入ってません。

何でもかんでも入っているってアピールして販売しているドリンクとはちょっと違うんです。

このようなオルニチン、セラミド、ビタミンCといった成分の配合によって、アスタリフトだけの良質なコラーゲンである、低分子ピュアコラーゲンの働きを最大限に高めているわけです。

実感できるコラーゲンドリンクとしてダントツの人気を誇るのもうなずけますね。

公式ページを確認する!

もっと詳しい情報はこちらもご覧ください!
アスタリフトドリンクピュアコラーゲン10000の口コミレビュー!

コメント